障がいの有無に関わらず、日々を楽しく
過ごしていただくためのサービスです。

障がいの種類に関わらず、障がい児・者の方は、
日々の生活を送る上で何かと不便さ、不自由さがございます。
それが原因で、積極的に社会に関わることを
避けてしまう方も少なくありません。
障がい者総合支援法を活用することで、負担を軽減することが可能です。
ぜひ一度、ステージケアにご相談ください。

障がい児・者ケアの流れ

1.障害支援区分認定の申請:サービスの利用を希望する場合は、障害支援区分認定の申請をしましょう。

サービスの利用を希望する場合、障害支援区分認定の申請をする必要があります。
まずはお住まいの市区町村の障害福祉担当窓口や相談支援事業者に相談します。
認定調査は市区町村の認定調査員が全国共通の質問票を元に行い、また主治医から申請者
の心身の状態や特別な医療などの意見を求めます。
これらの情報をもとに、市区町村審査会で判定を行います。
区分は必要とされる支援の度合いに応じて1~6に段階分けされます。

  • ・市区町村からサービス等利用計画案の提出が求められている場合は提出します。
  • ・サービス等利用計画案は指定特定相談支援事業者が作成します。

市区町村では、障害支援区分や本人・家族の状況、利用意向、サービス等利用計画案などを踏まえてサービスの支給量などを決定します。

2.サービス等利用計画の作成:どんなサービスが利用できるか、把握しましょう。

決定した内容に基づき、サービスを受ける準備をします。
サービス等利用計画を作成する相談支援専門員がご利用者様のご自宅まで伺い、ご利用者
様やご家族様の希望、心身の状態、生活環境などをお聞きした上で、ご利用者様に必要な
サービスをプランに盛り込んでいきます。ご利用されるサービスの種類や回数が決定いた
しましたら、それぞれのサービス事業者にサービスの依頼をします。

※ケアプランの作成時に、利用者様への費用負担はありません。無料で作成します。

3.サービスの提供:介護サービスを受けて、笑顔の毎日をお過ごしください。

サービス等利用計画の作成を経てサービス内容が決定すると、相談支援専門員より連絡を
受けたサービス提供責任者がご自宅まで伺い、作成済みのケアプランに従い、ご利用者様
やご家族様と話し合いながら、居宅介護計画を作成いたします。計画作成が完了次第、ヘ
ルパーをご利用者様に紹介して、介護サービススタートです。

サービス初回は、サービス担当責任者も一緒に伺いますので、安心してサービスを受けて
いただけます。2回目以降はヘルパーのみで伺いますが、常に他のヘルパーやサービス担
当責任者と密な連携を取りながら、質の高いサービスに努めてまいります。

ご利用いただけるサービス内容

身体介護 入浴、排泄のお世話、着替えや食事の介助、通院の付き添いなど
家事援助 住居の掃除、洗濯、買い物、食事の準備、調理など
通院等介助 通院時などの介助
重度訪問介護 ホームヘルパーがご自宅へ訪問し、入浴、排泄、食事の介助、調理、洗濯、掃除といった家事、通院の付き添いなど、総合的な介護を行います。
同行援護 視覚障がい者の方が安全かつ快適に移動できるように「移動の支援」を行い、「視覚情報の提供」を行います。

移動支援も行っております

移動支援とは、視覚障がいや知的障がい、精神障がい、全身性障がいを抱えている方の外出を支援するサービスです。
買い物や映画、カラオケといった余暇を過ごすための移動に関して、介護福祉士やホームヘルパー、ガイドヘルパーが付き添い、サポートいたします。

ステージケアの想い
ステージケアができること
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お役立ち情報
  • ユニバーサル社会実現プロジェクト
採用情報
  • 求める人物像/未来へ
  • 環境と待遇
  • 募集要項