ご利用者様もご家族様も笑顔で
毎日を過ごせる介護サービスを。

長寿大国と呼ばれる日本ですが、
必ずしも最期まで健康な状態で過ごせるとは限りません。
多くの高齢者が介護を必要としているのが現状です。
そして、同じくらい多くのご家族様が介護に悩まれていることでしょう。

家族介護の問題点とは…

  • 「大切な家族の介護」という想い故に、自分一人で悩みを抱えすぎてしまう。
  • 四六時中、介護し続けることによる心身の疲労・ストレス
  • 介護のために仕事を辞めざるを得ない場合もあり、経済的損失も大きい。

高齢者ケアは、こうした悩みを抱えられている方のためのサービスです。要介護(要支援)認定を受けることで、公的介護サービスを受けることができるため、ご利用者様だけでなく、ご家族様にとっても安心していただけるサービスとなっております。

「ぜひ利用してみたいけど、初めてだから手順がわからない…」という方は、下記の流れをご覧ください。
高齢者ケアの流れをわかりやすくご紹介しております。

高齢者ケアの流れ

1.要介護認定の申請:介護が必要になったら、要介護認定の申請です。

もしも介護が必要な状況になったら…、まずは要介護認定の申請して下さい。お住まいの市区町村の窓口に申請していただくと、調査員がご自宅までお伺いして、介護が必要な状態かを調査いたします。

また、主治医が医学的な見地から病気の状態などをまとめた意見書も一緒に提出していただきます。これらの情報をもとに、“介護認定審査会”にて介護認定を行います。原則、申請から認定までにかかる日数は30日以内です。

要介護認定と要支援認定の違いって?

部分的にでも介護が必要と認められた場合は『要介護認定』、介護が必要とまではいかないが6ヶ月以上にわたり日常生活を営む上で支障があると見込まれた場合は『要支援認定』となります。『要介護認定』は5段階、『要支援認定』は2段階に分けられ、それぞれの段階に応じたサービスを受けることができます。

2.ケアプランの作成:どんなサービスが利用できるか、把握しましょう。

要介護・要支援認定の結果、ご利用者様の区分が決定しましたら、次は実際に介護サービスを受けるための準備が必要になります。その準備こそが、『ケアプランの作成』です。
ケアプランを作成するケアマネージャーがご利用者様のご自宅まで伺い、ご利用者様やご家族様の希望、心身の状態、生活環境などをお聞きした上で、ご利用者様に必要なサービスをプランに盛り込んでいきます。ご利用されるサービスの種類や回数が決定いたしましたら、それぞれのサービス事業者にサービスの依頼をします。

※ケアプランの作成時に、ご利用者様への費用負担はありません。無料で作成します。

ケアプランとは?

『要介護・要支援認定を受けた本人や家族の希望に沿った介護サービスを適切に利用できるように、本人や家族の心身の状況や生活環境に配慮した上で、利用する介護サービスの種類や内容を定めた介護サービスの利用計画』のことです。

3.サービスの提供:介護サービスを受けて、笑顔の毎日をお過ごしください。

ケアプランの作成を経てサービス内容が決定すると、ケアマネージャーより連絡を受けたサービス提供責任者がご自宅まで伺い、作成済みのケアプランに従い、ご利用者様やご家族様と話し合いながら、訪問介護計画を作成いたします。計画作成が完了次第、ヘルパーをご利用者様に紹介して、介護サービスのスタートです。

サービス初回は、サービス担当責任者も一緒に伺いますので、安心してサービスを受けていただけます。2回目以降はヘルパーのみで伺いますが、常に他のヘルパーやサービス担当責任者と密な連携を取りながら、質の高いサービスに努めてまいります。

ご利用いただけるサービス

  • 身体介護・・・入浴、排泄のお世話、着替え、食事介助、通院の付き添いなど
  • 生活援助・・・住居の掃除、洗濯、買い物、食事の準備、調理など
ステージケアの想い
ステージケアができること
  • よくある質問
  • スタッフ紹介
  • お役立ち情報
  • ユニバーサル社会実現プロジェクト
採用情報
  • 求める人物像/未来へ
  • 環境と待遇
  • 募集要項